睡眠と疲労の方法論

パワーナップのコツ・ポイント・注意点

パワーナップのコツ・ポイント・注意点についてです。

パワーナップを行う上で、寝る場所や姿勢などについては特別に意識を払う必要はありません。大切なのはしっかりと時間を守って眠ることです。
なので前のページで詳しく説明した様に、睡眠時間を25分以内にするという基本さえ守ればそれで良いのです。

しかしこの時間制限、やってみるとわかるのですが簡単そうで実は守るのがとても難しいのです。
なのでこのようなパワーナップを行う上でつい破ってしまいがちなポイントや注意すべき点をまとめました。

職場や学校などでくたびれて仕方ないときに行うものですので、あらゆる生活の効率を最大限まで高めなければ気がすまないライフハックジャンキーの方以外はそういったものにあまりこだわる必要は無いでしょう。

ライフハックジャンキーの方のための記事はまた別のページで行うとして、ここでは皆が意識すべきポイントについてまとめます。

まずは25分を守る

パワーナップを行う上でもっとも重要なのは25分以内という時間制限です。まずはこれをしっかり守るようにしましょう。

ついつい「あと五分だけ」の魔の手に身を委ね深い睡眠(気持ちいい!)に入ってしまった後、中途半端なタイミングで起きざるをえなくなり寝る前より一層グロッキーになる。よくあるパターンです。
目覚ましをかけようが声をかけてもらおうが根本的な解決にはなりません、気持ちがあと五分モードに入ってしまうときには入ってしまいますから。

ではどうすればよいか?何度か解説しましたが、パワーナップは深い睡眠に入り込んでしまう前に目を覚ますことで睡眠を取りつつ目覚めのよさを実現していました。

この睡眠の深さをもしコントロールすることができたら「あと五分」に悩まされることはないわけです。

意識を覚醒させ、かつパワーナップの時間制限にもちょうど良い、そんなものがあればきっちり目を覚ますのも簡単です。

手軽ですぐには効かずに一定時間後に目を覚ましてくれる、そんな便利なものが実は身の回りにもあるのです。それはコーヒーや紅茶などのカフェインを含む飲み物です。最近だとレッドブルなどを活力が欲しいときに飲んだりしますね。

パワーナップを成功させるちょっとしたコツは、寝る前にカフェインを摂ることです。

コツはパワーナップ前のカフェイン

カフェインは摂取してから効果が出てくるまでの時間が30分ほどと言われていますので、まさに最適です。寝る前に飲んで、起きなければいけないタイミングでカフェインが効いて目を覚ましてくれます。

ちなみに同じ理屈でレッドブルなりモンスターエナジーなりああいうのを飲んでも構いません。飲んですぐ効くと思っている人が多いですが、それはただのプラシーボです。

カフェインは取り込んでから30分程しないと効かないので、飲むとすぐ元気になるCMを見ての思い込みですね。

これからはパワーナップを行う前にコーヒーなり紅茶なりカフェインを含むものを一杯飲んでおくと良いでしょう。

ポイント

  • 時間を25分以上にしない
  • 眠りが深くなり過ぎないよう横にならない
  • 自分を過信しない、ちゃんとアラームをセットする

注意点

パワーナップは短時間で眠気や疲労を取ることは出来ますが、それ以外にはあまり効果がありません。

具体的には夜の睡眠の役割であるホルモンの分泌や体の修復、内臓の休息、記憶の定着などです。

受験生や資格の勉強などで睡眠時間を削りたい人には魅力的かも知れませんが、今説明した通りパワーナップの睡眠では記憶の定着は起こりません。

基本的に時間がないときの眠気・疲れ対策と割りきってください。

スポンサーリンク