睡眠と疲労の方法論

眠るときは小さな明かりがあったほうが熟睡できる

寝るときに照明を切って完全に真っ暗にしている人は意外と多いのではないでしょうか?真っ暗にして寝るといかにもスヤスヤと落ち着いて眠れそうですが、実は睡眠の質の観点から見るとあまり良くないのです。一体なぜなのでしょう?

人は眠っている時であっても周りの環境に常に反応しています。外を走る車の音や照明の明るさなど、さまざまな要因によって睡眠の質は変化します。深い良質な睡眠を継続して取るためには夜眠るときの環境を整えることは非常に効果的です。
特に人にとって視覚は五感の中でも大きな割合を占めているだけあって、睡眠中であっても部屋の明るさは大きく脳に影響します。

なので今回は睡眠の質と照明の明るさの関係について解説していきたいと思います。これを参考に睡眠時の部屋の明るさにも気を配ってみてはいかがでしょうか?

真っ暗にして眠るのは睡眠を浅くする

電気を切って光が一切入ってこないようにカーテンも閉めて真っ暗にしないと眠れないという方は少なくありません。
真っ暗にして眠る人は精神的にあまり健康なイメージはありませんが、なんとなくぐっすりと熟睡できそうな気がしてしまいます。

しかしこれは睡眠の深さを考えた時にあまり良い習慣とは言えないのです。実は人は完全に真っ暗にしているよりも薄暗い程度に明かりをつけたほうが熟睡できるものなのです。
闇の中で目を閉じて横たわっているといかにも深く眠れている気がしますが、それは間違いなのです。

こう聞くと中には「じゃあアイマスクはどうなんだ?」などと思う方もいるかもしてません。確かにアイマスクをすると光が目からダイレクトに遮断されて届かなくなるので、真っ暗にして眠る状態と同じだと考えることができます。
この間違いはアイマスクのパッケージが原因なのです。アイマスクのパッケージなどでは布団の中でいかにも心地よさそうに眠りながら笑みを浮かべているものが少なくないことがわかると思います。

しかしアイマスクは本来明るいところでも簡単に仮眠を取るための補助的な寝具に過ぎません。それこそ昼寝やパワーナップなどを行うときには優れた快眠グッズと言えますが、正しい使い方は夜眠るときに使うものではないのです。

なのでアイマスクなどをつけて夜眠るのも真っ暗にして眠るのが良くないのと同じように熟睡の妨げになります。そもそもつけたところで寝てる間に外れて、気がついたら布団の中や枕の上辺りに転がっているものです。

アイマスクなど付けず、多少の明るさが感じられる暗さという環境が睡眠には適しています。

夜は寝る時に小さな電気をつけてると良い

なぜ眠るときには小さい豆球程度の照明をつけて少し明るくしたほうが良いのでしょう?もちろん明るすぎるのは睡眠の妨げになるので論外ですが、眠るときに明かりをつけたほうが良いというのは不自然に感じます。

この不自然に感じるという感覚は人の生物的な成り立ちから考えると当たっています。これはいうなれば火をくべるという不自然を利用して外敵から安全を確保しながら眠っていた祖先の名残なのです。

夜は焚き火で外敵から身を守って進化してきたという歴史があります。人間が眠るときに小さな電気をつけたほうが熟睡できるのはこのような理由なのです。本能に小さな明かりがあることは安全であると刻まれているためなのです。

小さな明かりと言いましたが、実は睡眠の質を深くするためには小さな音もあったほうが良いと言われています。
わずかな刺激のない雑音程度のうるささは眠りを深めてくれます。あたかも燃えている薪がパチパチと音をたてていたのと同じです。

睡眠の質を改善しより深く眠りたいのであれば、これからは照明の小さな茶色く光る方の電球をつけて寝ることをおすすめします。
贅沢を言えば直接照明よりもベッドの足元に間接照明のようなものがあればベストです。

このように明るさひとつとっても人の眠りの質に影響があります。もし他の睡眠の妨げになっているものを減らすことができれば、より充実した眠りを手に入れることができるでしょう。

照明以外にも眠りの質と関係したものが身の回りにはたくさんあります。改善する上で同じように影響の大きそうなものを睡眠の質を向上させるには?10個の質を悪くする原因で紹介しているので気になった方は目を通してみてください。

照明の明るさを変えたとしても劇的な効果はないと思いますが、こうした睡眠環境や過ごし方などを見直すことはとても健康的に眠りの質を改善することが出来ます。
ちょっとした生活習慣として取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク