1. トップページ
  2. 睡眠の悩みと病気
  3. 食後に眠くなるのは炭水化物が原因

食後に眠くなるのは炭水化物が原因

ご飯を食べたあとに極端に眠くなって起きていられなくなるということは無いでしょうか?それはもしかすると米やパンなどの炭水化物が原因かもしれません。

最近では炭水化物ダイエットなどの影響で、白米などの食べ過ぎが体に与える影響についても認知されてきています。
炭水化物が体に与える影響の根本にあるのは、血糖値の上昇です。

「食後に眠くなるのは血液が消化器官に集まるせいで脳の血流が低下するため」というのは正しいのですが、あまりに極端に眠くなってしまう場合は消化のためではありません。
食後にあまりに眠くなりすぎる場合は、炭水化物を摂ったことで上昇した血糖値を下げようとする体の働きによって眠くなっているのです。

食後にすぐ眠くなってしまうのを治したい方は、この血糖値の上昇が原因かも知れないということを理解しましょう。

炭水化物の食べ過ぎで眠くなるのはなぜか?

実は食後に眠くなる人は皆さんだけではありません。皆さんと同じように、昼ごはんや晩御飯を食べた直後に眠くなってしまうという症状を訴える人はたくさんいます。
中には朝ごはんを食べたあとに眠くなるという人もいます。

これは単に起きたばかりで目が覚めていないせいではありません。お昼や夜でも同様です。
一体何が原因で食後に眠くなってしまうのでしょうか?

それは血糖値の低下によるものです。そして食後に血糖値が下がる原因は米や小麦を含むパンやうどんなど、これら炭水化物が原因となっています。

炭水化物を食べたのに血糖値が下がって眠くなる、ということに違和感を感じるかも知れません。
確かに炭水化物は糖に分解され、体の活動を支える重要なエネルギー源です。脳がブドウ糖を消費するという話も耳にした方は多いでしょう。

ここだけ見れば、炭水化物を食べれば血糖値が上がるはずなのになぜそれで血糖値が下がるのか?と疑問に思うのは当然です。
しかしそこが落とし穴なのです。

炭水化物も適度に食事に取り込むのであれば良い食生活と言えますが、摂り過ぎると逆に血糖値が上がりすぎてしまうのです。

食後の眠気はお米を減らせば治る

上がりすぎた血糖値は当たり前ですが下げなければなりません。
そこで出てくるのが糖尿病の方たちにお馴染み、インシュリンです。

インシュリンとは体内で分泌されるホルモンで、血糖値をコントロールする役割があります。インシュリンの役割とは血糖値を下げることです。

炭水化物の多い食事をとって眠くなるのは、食後に上がり過ぎた血糖値を下げるためにインシュリンが分泌されて血糖値が下がり、脳の活動に必要なぶどう糖の供給量が低下することが原因です。

つまり食後に眠くなってしまうのは炭水化物で上がった血糖値に反応した体がインシュリンを出して下げようとするからなのです。
ご飯のあとに起きていられないほどの眠気に悩まされる方は、ほぼ間違いなくこのパターンだと考えられます。

もし食後にすぐ眠くなってしまう方は一度食事の炭水化物の量を見なおしてみると良いかも知れません。
お米を食べ過ぎない、パンや麺を食べ過ぎないことはダイエットや糖尿病の予防にもなります。実際に減らしてみるといつもより体の調子がいいと感じることができるはずです。

健康法の一つとしていつもより少しだけ炭水化物を減らしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



RSS・RDF プライバシーポリシー