睡眠と疲労の方法論

寝不足で頭痛の症状がでた時の解消法

寝不足が原因で頭痛の症状に悩まされることは珍しくありません。睡眠が不足するで頭に痛みを感じるのは一体なぜなのでしょうか?そしてこれを治すにはどうすれば良いのでしょうか?

寝不足は時間に追われる我々にとっては現代病の一種ともいえる悩みの一つですが、ただ眠いだけではなく頭が働かなかったり頭痛の原因となったりします。
人によってはあまり眠れなかった翌日などは耳鳴りがする人もいるでしょう。

今回は寝不足による頭痛が起こる理由や対処法について扱っていきます。

寝不足で頭痛が起きるのはなぜか

そもそも寝不足で頭痛になるのは一体なぜなのでしょうか?
普段は頭が痛くなったりしない人であっても、睡眠が不足していると頭痛に苛まれることは少なくありません。もし元々頭痛持ちの人なであれば間違いなく起こるでしょう。

頭は働かず、体にも石が詰まったかのような重さを感じ、人によっては耳鳴りなどの症状もでます。
しっかりと夜眠っていないだけでこのように様々な症状が現れるのです。

これはどれも共通した理由によって起こります。それは脳の血流の低下です。

睡眠が不足すると脳は血流が低下するのです。
耳鳴りやめまい、頭が働かないといった影響は、寝不足によって脳内の血流が減少していることが原因で起きているのです。

では一体なぜ寝不足で血流が低下するのでしょうか?

これは脳を保護するために活動を低下させようとする体の反応によるものです。
寝不足の時にはもれなく脳は疲労が蓄積した状態になっています。これ以上疲労を蓄積させ無いように脳をスローダウンさせて守った結果が、頭痛や耳鳴りと言った形で現れているのです。

作業効率が落ちて頭が働かないのもこれと同じ理由です。

頭痛の解消法

寝不足による頭痛を和らげるにはどうすれば良いのでしょうか?

一般的には適当な頭痛薬でも飲んでごまかすというのが普通のパターンでそれなりに効果はあります。
ただしこれはあまり健康的とは言えません。ただ痛みを無理矢理抑えているだけだからです。

実はおすすめの対処法があります。

それは15分ほどでもいいので目を閉じて脳を休ませることです。
仕事中の頭痛などであれば、お腹が痛い振りでもしてトイレに駆け込みましょう。これくらいの時間であれば休み時間でなくてもぎりぎり言い訳もできます。

寝不足による頭痛には短時間でもいいので脳を休ませることがベストです。

スポンサーリンク