睡眠と疲労の方法論

睡眠ホルモン「メラトニン」の働きと増やし方

われわれ人間が眠くなる仕組みをご存知でしょうか?人が眠くなる時、実はある物質が働いています。その物質とはメラトニンというホルモンで、人の眠りをコントロールする役割があります。

睡眠とは切っても切り離せない睡眠ホルモン:メラトニンについて理解することで、眠りについて学んでいきましょう。

睡眠リズムや眠さをコントロールするホルモン

人は基本的に夜眠り、朝起きる生き物です。その生活リズムを成り立たせているのは、夜になると眠さを感じるという人の感覚的習性でしょう。眠るべき時間帯が来ると自然と眠くなり睡眠欲にしたがって床につきます。

そしてこの眠さを感じさせるという役割を担っているのが睡眠ホルモン:メラトニンです。

睡眠ホルモン:メラトニンは脳の松果体と呼ばれる場所で生成される物質で、睡眠を促す以外にも免疫系を活性化させたりリラックスさせたりする働きがあります。そのため人の休息と休息時の体のホメオスタシス(恒常性)を維持するためにも一役買っている重要な物質なのです。

人の血中メラトニン量を測ってみると日中には低く、睡眠の必要な夜になると実際に高くなっています。人が決まった時間に眠くなる事で、安定した生活リズムを維持できるのはメラトニンのおかげでもあるです。

メラトニンを増やすためには日光や運動でセロトニンを増やす

しかし人によっては睡眠リズムが乱れたり、いつも眠れるはずの時間に眠気を感じられなかったりする事があります。これはメラトニンが安定していない、十分でないために起こっている可能性もありえます。

メラトニンは実はセロトニンという精神を安定させ前向きな気持ちを維持するために必要な脳内ホルモンから作られています。もともとうつ病的な傾向のある人や運動不足だったり日光を十分な量浴びていないような人は、セロトニン量が少ない傾向にあります。
そのためセロトニン量が不十分な人はメラトニンの血中濃度も低くなりがちであり、睡眠などにも問題が出てくることもあります。

もし「メラトニンちょっと足りてなさそう」と感じる人はセロトニンが増えるような生活を心がけてみるとよいでしょう。
具体的には軽い運動をしてみたり陽の光を体に取り込むようにしましょう。チーズなどの乳製品もセロトニンを増やすのに効果的です。

メラトニンのために気を使いたい方はぜひ生活に取り入れてみてください。

スポンサーリンク