睡眠と疲労の方法論

忙しくて寝る時間がないビジネスマンでも睡眠を取る方法はある

睡眠時間すら惜しいくらい忙しいというビジネスマンの方は少なくありません。納期の決まった仕事と時間のやりくりに追われ、十分な睡眠が取れない生活が何ヶ月も続いてしまう方も多いと思います。

スケジュール的に詰まってしまったり取引先との関係で本来眠るべき時間も仕事に追われ、本人の意志に関係なく睡眠時間を削って対処せざる負えない状況になることも多いと思います。

そんな睡眠時間が不足した生活が慢性化してしまっているビジネスマンはどうすれば良いのでしょうか?

そんな忙しくて時間がない人でも、時間がないままの状態で睡眠を十分に取る方法を紹介したいと思います。

時間がなくても質を上げることで睡眠は確保できる

睡眠時間が十分に確保できないくらい忙しいビジネスマンの場合、帰宅する時間が深夜零時をすぎるのが当たり前、出勤も朝6時頃という過酷な生活リズムに追い込まれていると思います。

つまり帰宅時間と出勤時間のせいで横になれる時間が制限されているため睡眠が確保できないのです。

移動時間やちょっとした空き時間での仮眠などの選択肢もありますが、どれも不安定でまとまったものではありません。疲れを取る睡眠には決まった時間とある程度の量が必要です。

なので忙しいビジネスマンの方が睡眠を現状以上に確保するためには、睡眠の質を向上させる事で対処するしかありません。

具体的な質を向上させる方法を順番に見て行きましょう。

時間をかけずに睡眠の質を増やす4つの方法

睡眠の質を向上させるためには以下のような選択肢があります。どれも忙しい方でも時間をかけずに睡眠量を増やす事ができる方法です。

  1. 食事の量を減らす
  2. 寝る時は小さな電気をつける
  3. パジャマをちゃんと着る
  4. 睡眠に良い成分を食事から摂る

食事の量を減らす

食事は体に栄養を蓄えるために必要な行為ですが、同時に体に大きな負担がかかる行為でもあります。消化吸収は体の中に入ったものが外に出るまで行われるので睡眠中でも食事は体に負担をかけるものなのです。

風邪などの時は何も食べずに寝ている方が良いとアドバイスするお医者さんもいるくらい、消化吸収という行為は体に負担をかけます。

忙しいビジネスマンだからこそガッツリご飯をモリモリ食べるべきだと考える方もいらっしゃるかも知れませんが、食事に大切なのは量ではなく質です。

健康を維持するために必要な食事量はそれほど多くはありません。腹八分目か七分目でも飽食な現代では十分なのです。

中には食べることがストレス解消になっている方も多いと思いますが、どうにか眠りのためにこらえてください。せめて晩御飯だけでも量を減らすようにしましょう。

寝る時は小さな電気をつける

人間は真っ暗闇の中よりも薄暗い環境の方がリラックスできる生き物です。そのため就寝時に豆球などを付けて薄明るくしておくと、寝付きも早くなり睡眠も深くなります。

布団に入って眠るまでの時間を短くする事ができて、睡眠の質まで深くできるのです。今日から真っ暗にして眠るのをやめて小さな照明をつけるようにしましょう。カーテンを開けるのもオススメです。

ついでに言えば小さな雑音もあると完璧です。

適度な光と音は睡眠の味方なのです。

パジャマをちゃんと着る

忙しいビジネスマンの中にはスーツを脱いでそのまま眠っている方もいるかも知れません。一応着替えるという方でもスウェットの上下という格好ではないでしょうか?

ついついおろそかにしてしまいがちな眠るときの格好ですが、パジャマの睡眠力を舐めてはいけません。

人間の体は周囲の刺激に対して敏感に反応します。適度な照明と雑音があったほうが良いと説明しましたが、同様に体への圧迫という刺激も眠りに影響を与えます。

スウェットは一見体が楽な服装に思えますが、首周りや手首や腰回りに負担がかかります。その点パジャマは首元から手首から腰と全てにおいて体を締め付けず、着ているものをリラックスさせる構造になっている服なのです。

パジャマが眠るために作られた服であるという事を忘れてしまいがちですが見れば見るほど体を休めるために考えつくされた作りになっています。

ちょっと寝るときの服を変えるだけで、同じ時間眠っても全く起きた時の感覚が違ってきます。ぜひパジャマを着る事をおすすめします。

睡眠に良い成分を食事から摂る

大切なのは睡眠を手助けする成分を摂取することです。睡眠を手助けする成分を取り込むことで短い時間でも睡眠を十分に取ることができるようになります。

ではそういった成分を含んだ食材を見分けるにはどうすればよいのでしょうか?判断する一番簡単な方法はその食材が精がつくとされる食べ物なのか考える事です。精のつく食材には睡眠と疲労回復を促す成分が含まれています。

例えば睡眠時の回復速度や入眠を促進してくれる成分としてGABAやグリシン、アルギニンやメラトニンが代表的ですが、これらを多く含む食材としては山芋や鰻などが挙げられます。これらの食材を定期的に取ることができれば眠りに力強い味方となってくれるはずです。

ただし問題点もあります。これらばかり食べていると栄養バランスが偏りますし、何より一番の問題は睡眠成分の多い食べ物は基本的に高級食材だということです。

例えば鰻を毎日食べようと思うと食費が月に何万円もかかります。仮にうな重一つで2000円として、5日も食べれば食費が10,000円です。自分で調理するにしても手間もかかれば食材費もかかります。

なので鰻などに比べると睡眠成分は多くはありませんが、一応含まれている食材をこまめに取るようにしましょう。山芋や玄米、バナナなどの食材がオススメです。

睡眠サプリは手軽でコスパが良いので便利

もうちょっと手軽かつ安価にそういった成分を取りたい方には、サプリメントがおすすめです。

食事からこれらの成分を摂る場合に比べ、たくさん睡眠成分を補ったうえに健康をサポートする栄養素も一緒に摂取できます。なにより毎日飲んでも鰻に比べてとても安い費用で済みます。

上で説明したGABAやグリシンなどのアミノ酸・必須アミノ酸に加え、休息を促すビタミン類もしっかり含まれており、これだけで必要な成分をまとめて摂取できるのでかなりおすすめです。

最近はドラッグストアなどでも置かれているのでチェックしてみるとよいでしょう。興味のある方はおすすめの睡眠サプリでもまとめていますので目を通してみてください。

長期的に人生を考えた場合、毎日の眠りを改善することで得られるリターンは計り知れません。寝るときの環境からにせよ食事からにせよ寝具を整えるにせよ、とにかく「睡眠を眠くても我慢すればよいもの」と軽く考えずに改善するための具体的な行動を試すことをおすすめします。

スポンサーリンク