睡眠と疲労の方法論

朝から疲れているのを治す方法

朝起きた瞬間から疲れている、毎日がそんな目覚めだという方は意外と多いのではないでしょうか?しかしこのような毎朝の目覚めを快適にする簡単な方法があるのです。

朝起きた瞬間の気持ちというのは尾を引くものです。朝の目覚めが快適だと、その日一日を朝からスタートダッシュでも切るかのように活動的に始める事が出来ます。

逆に朝起きた瞬間から疲労を感じているような状態では一日を朝ごはんや着替えなどにすらダルさと疲れを感じてしまうはずです。

今回はそんな困った起床時の疲労を軽減する、あるいは治す事のできる簡単な方法を紹介します。手間も道具もいりません、ちょっとした行動を取るだけです。しかしそんな簡単なある行動を夜寝る前にするだけで、翌朝の目覚めが全く変わってくるのです。

寝る前の柔軟体操で翌日に疲れを残さない

翌日に一日の疲れを残さないための簡単かつ手軽な方法があります。それは柔軟運動です。寝る前に屈伸や伸脚などの軽いストレッチを一通りやればいいのです。
そうするだけで翌日の朝に目が覚めた時、いつもに比べればずいぶんと体も軽くダルさも感じずに済むのです。夜寝る前のストレッチは睡眠中に疲労を回復させるために非常に効果的なのです。

なぜ柔軟で目覚めが良くなるのか?
体に疲れがたまっている状態と言うのは、つまり筋肉などに疲労物質がたまっていることが原因です。
なので筋肉を柔軟によってもみほぐすことによって疲れを押し流すことができます。あまり激しくやりすぎずに、かつ自分の可動域の範囲内で柔軟をしましょう。

やり方
普通に柔軟してください。10分もやれば充分です、ただし寝る30分ほど前までには終わらせておいてください。
また激しくやりすぎると体が興奮して寝れなくなってしまうので、ゆったりとリラックスを感じながらやることを心がけましょう。

たったこれだけで驚くほど朝の目覚めが変わってくることが分かると思います。入眠前のストレッチは睡眠中の疲労回復だけではなく、リラックス効果があるため寝付けない時にも効果的です。
朝の目覚めに悩んでいる方はぜひこの方法を確かめてください。

スポンサーリンク