睡眠と疲労の方法論

寝苦しい熱帯夜に寝る方法

熱帯夜のせいで寝れない時にはどうすればいいのでしょうか?実はクーラー以外にも快適に寝る方法はあるのです。

蒸し暑いからと言ってクーラーなどをつけたまま眠ってしまって体調を崩したくない方は参考にすると良いでしょう。

キーワードは体感温度です。

熱帯夜とは夜の夏日

熱帯夜とはそもそも何なのでしょうか?
似たような用語に夏日があります。夏日とは気温が25度以上の日を指すのですが、熱帯夜は気温が25度以上の夜を意味します。
熱帯夜とはつまり夜の夏日なのです。25度もあれば寝辛くて当然です。

夜だからと舐めてはいけません。実は夜でも熱中症になることがあるので油断は禁物です。

眠るのに最適な温度は何度か?

気温によって睡眠の質は変わります。最適な睡眠時間はよく聞きますが、では最適な睡眠温度は何度なのでしょう?
人にとって最適な睡眠温度は20℃前後です。これくらいの温度が人にとって一番眠りやすい気温なのです。

夏などの暑苦しい夜にはそれくらいにまで気温を下げる事ができれば一番良いのですが、そのためにはクーラーなどを使うしかありません。
しかしどこにでもエアコンがあるわけではありません。中には冷房器具のついていない部屋で眠らなければならない方もいらっしゃると思います。

冷房器具の無い環境で少しでも快適な睡眠を取るためにはどうすれば良いのでしょう?そのためには体感気温が重要になってきます。

クーラーに頼らず熱帯夜を乗り越える方法

冷房器具を使わない場合、どれだけ寝苦しくても気温はもうどうにもなりません。
しかし気温は下げられなくても、体感温度を下げれば人は快適な睡眠をとることができます。
つまり熱帯夜にクーラーを使わずに快適に寝るには体感温度を下げればいいのです。

気温を下げずに体感温度を下げる、そのためには湿度を下げることが効果的です。
湿度を下げれば多少気温が高くても快適な体感温度に下げることが出来ます。

湿度を下げて熱帯夜を乗り越える方法
湿度がポイントであると説明しました。なので寝るときに使うものを湿度を含みにくいものに変えます。

掛け布団:タオルに変えます。
敷き布団:固めの大きなタオルに変えてください。タオルが無ければ粗めの布でもいいです。
枕:枕は体感温度にとって重要な首に当たるので、重ねて折りたたんだタオルに変えます。
服装:パジャマに、できれば麻などのものがいいです。間違ってもTシャツにスウェットは避けてください。自滅行為です。

それくらいで変わるはずが無いと思われている方はぜひ一度だけ試してみてください。横になった時の快適さがかなり違う事が分かるはずです。
家に普通にあるもので対処できますので、この機会にぜひ睡眠環境の改善に取り組んでみましょう。

スポンサーリンク