睡眠と疲労の方法論

睡眠不足は肥満ホルモンが放出されて太る原因になる

「人は睡眠が不足すると太る」と言われてもあまりピンとこないかも知れません。たしかに肥満の原因と聞くと、一般的にイメージするのは食べ過ぎや運動不足でしょう。しかし実際には睡眠時間と肥満には密接な関係があります。

睡眠不足と肥満、この2つの間にはグレリンとレプチンという2種類のホルモンが関係しています。人は睡眠が不足するとこの2種類のホルモンのバランスが崩れて人は太りやすくなります。

逆に言えばダイエットをしている人は睡眠をしっかり取ることでホルモンのバランスを整えて、より楽に効果的に痩せることができるのです。

ではさっそく2種類のホルモンの働きについてみていきましょう。

食欲増強ホルモン「グレリン」

グレリンは食欲を促すホルモンです。睡眠が不足することで分泌量が増えます。

たとえば夜遅くまで起きている時にスナック菓子や油っこい食べ物についつい手が伸びてしまった事はないでしょうか?

これも実は食欲増強ホルモンのグレリンが関係しているといわれています。睡眠不足時の急な食欲などはこのホルモンが働いているわかりやすい例でしょう。

睡眠が不足するとグレリンが増える=お腹が空く

ダイエットの基本は食べ過ぎを控えることです。「楽々○○ダイエット」などの耳障りのよい方法が定期的に流行りますが、効果的とされるダイエットはカロリー制限と運動が基本です。医療機関でもメタボ対策として指導するのはこの内容です。

つまりダイエットに楽な道はなく、ダイエット中は常に食欲と戦わなければならないのです。

そしてこのダイエットの天敵である「食欲」を司るホルモンがグレリンです。睡眠を取らないでいるとこのホルモンの血中濃度が増え、視床下部の食欲中枢が刺激されます。

”視床下部の食欲中枢を刺激”と聞くといまいちぱっとしませんが、要するにこのホルモンが出ると”お腹が空く”のです。

もうひとつのホルモン「レプチン」は食欲のブレーキ役

肥満と関係するもうひとつのホルモンがレプチンです。先ほど説明したグレリンは食欲を増強させますが、レプチンは逆に食欲を抑えます。

グレリンが食欲のエンジンとすれば、レプチンはブレーキのような存在です。

さてこのレプチン、実は睡眠が不足するとグレリンとは逆に分泌量が減ってしまうホルモンなのです。

つまり睡眠が不足した状態は、例えるならブレーキが壊れた状態でアクセルを全開にしているようなものです。

レプチンが減る=食べても食べても満腹にならない

レプチンはなぜ食欲を抑える働きがあります。先ほどのグレリンは視床下部の食欲中枢を刺激するホルモンでしたが、レプチンは満腹中枢を刺激するホルモンです。ちょうど逆の働きをするホルモンと考えるればわかりやすいでしょう。

簡単に言えばレプチンが分泌されると満腹感を感じます。レプチンが食欲のブレーキ役というのはこういう意味なのです。

さてこの食欲を抑えてくれるダイエットに嬉しいホルモンのレプチンですが、睡眠が不足すると分泌量が減ってしまいます。

睡眠不足は食欲を増やすだけではなく食欲をストップさせることすら困難にさせるのです。肥満を防ぐという視点から考えればどれだけ睡眠不足が悪いことかがわかります、

肥満防止には睡眠をしっかり摂ることが重要

ここまででわかるように、肥満を防ぐには睡眠をしっかり確保することが大切です。

食欲増進ホルモンのグレリンが増え、食欲抑制ホルモンのレプチンが減ってしまうからです。これは同じ人間でも睡眠が不足するだけで、ダラダラとつい食べ過ぎてしまいカロリーオーバーしやすくなる事を意味します。

しかし逆に言えば苦労して食欲と戦わずとも、睡眠をしっかり取るだけで楽に食欲をコントロールできるということでもあります。寝ているだけで良いのですから、間違いなく一番楽で簡単な肥満対策と言えるでしょう。

寝不足はダイエットの天敵です。痩せたい人も、肥満を予防したい人も、食欲ホルモンの働きという視点から睡眠を見つめなおしてみると良いでしょう。

スポンサーリンク