睡眠と疲労の方法論

中高年が夜目が覚めてしまう原因と治し方

年をとると人は眠り続けられなくなります。お年寄りなどの高齢者はもちろんの事、40代から50代の中年世代の方でも眠りに悩んでいらっしゃる方は多いようです。

中高年世代の眠りの悩みに共通しているのは寝つきの悪さではなく、夜変な時間に目が覚めてしまう、朝早く目が覚めすぎる、あるいはトイレで頻繁に起きてしまうなどの目が覚めてしまう悩みであるところです。

比較的若い世代が寝付けない悩みであるのに対し、熟年者の場合は寝つづけることができないために就寝中に目が覚めてしまう悩みであるという風に、世代によって眠りの問題の傾向はそれぞれ異なっています。

中高年になって目が覚める原因

寝つきが良いのは疲れやすいからです。若い頃に比べ体力も落ちるため体が休眠状態に入りやすいのでしょう。

しかし眠り続けるには寝付くときとは逆に体力も必要です。そのため若年者は一旦眠れば目が覚めることはありませんが、年齢が高い方は夜寝ている途中に目が覚めてしまうのです。

早起きは健康的ですが、望まないときに目が覚めて眠りを中断されてしまったり早く目が覚めすぎてしまうのも困り者です。
では一体どうすれば夜目が覚めてしまう悩みを解消できるのでしょうか?

睡眠薬に頼るという方法もありますが、あまり健康的には思えません。薬に頼らず朝までぐっすり眠れるのであればそれが一番です。
なので根本的な解決手段をとってみましょう。

体力作りに年齢は関係ない

夜目が覚めたりして眠りつづけることができないのは体力に原因があることはお分かりいただけたと思います。
体力が無いのが原因なのであれば、思い切って体力を付けてしまうのが最善の方法です。
負担の少ない軽いジョギングを30分ほど行う事をおすすめします。

週に2日でも良いので運動をしておくと心肺機能が向上して日常の中での回復力を高めることが出来ます。比較的簡単に効果が出るので体力作りなどと方をはらずにダラダラ走ってみることをおすすめします。

中高年から人は知恵で健康の悩みに対処する

若者に比べると中高年以降はどんなに元気な人であってもやはり疲れが抜けにくくなってきます。

こればかりはどうしようもありませんが、体力は衰えても大人には身につけた知恵という財産があります。
つまり中高年は衰えた体力を今までに身につけた知恵で補強すれば良いのです。

中高年はやはり健康への意識が高いので、食生活や軽運動などで体の状態を維持する能力があります。逆に若者の生活等は不摂生の連続です。中高年だからこそ健康を意識した生活ができるのです。

眠りの問題であっても同様にリラックスをさせたり疲労を回復させるために必要な栄養や、眠りを促進させるための成分を食事の中から補うという知識が備わっています。
少し面倒かもしれませんが、毎日の食事の中に疲労回復を促したり睡眠を深める効果がある食材を毎回取り組み続けることをおすすめします。

また、睡眠専用のサプリメントという選択もあります。睡眠薬などとは異なり、こちらは元から体に備わっている休息機能をサポートするために必要な成分を補うという考え方で作られています。
脳内の休息物質セロトニンを生成するために必要な栄養に加え、GABAやグリシンなどの活力成分を取ることができるのが一般的な睡眠用サプリの傾向です。

睡眠用サプリに興味のある方はおすすめの睡眠サプリでまとめていますので真剣に悩んでいる方は参考にしてみるとよいでしょう。

どちらにせよ一番良いのは健康的な生活の中で食事から必要な栄養を摂取し、運動によって基礎体力を維持することです。
自己管理の一環として利用する文には構いませんが、できるだけ補助食品はあくまで補助である事を忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク