睡眠と疲労の方法論

疲れをとる睡眠の方法

疲れていてもがんばらなければいけないときこそ、効率的に作業するために軽く眠らなければなりません。

よく「寝る時間食う時間を削って」なにかに打ち込むのが、一心不乱に努力する美しい姿と賞賛されますが、現実としては疲れていると人間の生産能力は大幅に落ちます。
疲れていても頑張っているのは気持ちとしてはとても充実感が合ってある意味幸せですが、実際には辛い上に頭も回らない状態で時間を浪費しているだけなのです。

とはいえそうそう休憩時間を確保するのも難しいのが現実です。時間はあまり無いが「何とかして疲れを取りたい」時はどうすればよいのでしょう?

疲労は仕事の天敵

疲労を構成する要素は3つに分割出来ます。

睡眠の不足
栄養の不足
肉体的疲労

の3つです。
これらの疲労要素が原因となって疲労を引き起こしているので、逆に言えばこれらを解消することが回復には不可欠です。

言うまでもなく疲労は脳の処理能力を下げるので、作業効率をあげるためには何としてもこの3つの原因を取り除かなくてはなりません。

これらのうち肉体的疲労と栄養の不足は比較的簡単に解消出来ます。ビタミン剤を噛み砕きながらスポーツドリンクをがぶ飲みし軽くストレッチすれば、しばらくすると体が軽くなってくる事が分かるはずです。

しかし問題は睡眠の不足です。

睡眠不足は疲労を悪化させる

睡眠が不足するとより一層疲労を感じやすくなります。
例えば多少体がだるくても十分な睡眠を取って入れば気力で乗り越える事は難しくありません。しかし睡眠が不足している状態ではどうでしょう?
睡眠が不足しているとイライラしたり暗い気分になったりするのですが、これは睡眠の不足が精神的なストレスへの抵抗力を下げるためです。

睡眠の不足はストレスへの抵抗を下げるのみならずこれ自体が精神的ストレスを生み出します。 これ自体が「眠くて辛い」という精神的ストレスになるという悪循環が発生するのです。寝不足はただ「眠い」だけでは済まずに疲労を生み出す原因になるのです。

もちろんたくさん寝る時間を確保出来ればベストですが、ゆっくり休む時間が無い場合どのように補えば良いのでしょうか?

短時間の睡眠で疲れが取れる眠り方

時間が取れない時の疲労回復法としてパワーナップをする事が効果的です。

パワーナップとは時間あたりの睡眠効率が非常に良い睡眠法です。短時間で疲れを取るために寝る方法としては最適です。
先進的な企業などでは制度として取り入れられるなど実際に成果を発揮している事が、疲れを取り作業効率をあげる睡眠の方法として認められている事を示しています。
疲れを取る睡眠の方法としてパワーナップは非常に優れた方法なのです。

具体的なやり方を説明したいと思います。

やり方:30分ほど目をつぶって休む

これだけです。横にすらならなくてもかまいません。
大切なのはこの30分で起きるという時間制限を守ることです。眠ってからではなく目をつぶって休み始めてから30分です。
眠れなくても時間は守ってください、眠れていなくても目を閉じて休んでいると脳はしっかり休息を取る事が出来ます。

こうすることで睡眠を補い脳の疲労を回復させつつ深い睡眠に入ることを防ぎ、起きたときのダルくなることを避けることができます。
たったこれだけの睡眠で本当に睡眠を補えるのか?と思われるかもしれませんが、睡眠は貯金は出来ないかわりに回復が早いという特徴があります。

限られた時間で疲れを取り睡眠不足を補いたい方は、この短時間で睡眠を補給する眠り方をおすすめします。

スポンサーリンク