睡眠と疲労の方法論

睡眠の悩みと病気

眠りの質が浅いと感じたり朝の目覚めの質が著しく悪かったり・・・そういった眠りの悩みを持ちながら日常を送っている方は睡眠に関わる何らかの病気を抱えているかもしれません。
日中にあまりの眠気に起きていられなくなるというレベルの方は一度病気の可能性を疑ってみる必要があります。

このページではそういった眠りに関わる病気や悩みについて扱っています。一覧から心当たりにありそうな記事をお選びください。

眠りの悩み・病気を軽く捉えてはいけない

眠りの悩みや病気といっても軽いものから重いものまで様々です。ちょっとダルい程度であれば眠る前のすごしかたや眠り方を見直せば今とはまったく違ったものになるかもしれません。

しかし重い場合、例えば眠り病として知られるナルコレプシーなどでは昼間であっても起きていられないほどの活力の無さと眠気に苛まれることになります。
またただの眠りの悩みだと思っていたことが実は隠れた病からのシグナルだという可能性もあります。テレビだと「体からの最終警告でした」という形で脅してくるアレです。

たかが眠気・睡眠の悩みと軽く見ずに捉える事が大切です。

スポンサーリンク