睡眠と疲労の方法論

おすすめの睡眠サプリ

失敗しない睡眠サプリ選びをしたいあなたに、各サプリメントの特徴から配合成分まで全てまとめてランキング!あなたの悩みにぴったりのおすすめサプリが簡単に見つかります。

睡眠サプリと睡眠薬の違い

睡眠サプリは薬に頼らずに健康的な睡眠体質の改善を目指したい人に特におすすめですが、健康状態によっては睡眠薬の方が適切な人もいます。自分に必要なのはどちらなのか見極めるため、まずは二つの違いについて抑えておきましょう。

睡眠サプリとは
睡眠サプリとは、不眠の原因である神経の緊張をリラックスさせる成分をベースに、回復力を高める成分やビタミン等の栄養を配合したサプリメントです。 入眠をスムーズにしたり、睡眠中の体力の回復させたり、起床時のダルさを軽減するなどの目的で飲まれます。薬品ではないため劇的な効果はありませんが、体に優しい自然な体質改善をしたい人達に人気があります。

睡眠薬(睡眠導入剤、催眠薬)とは
睡眠薬とは寝付きを良くするために処方される薬であり、医師の処方による必要があります。「眠くする」事が目的の薬なので入眠後の睡眠の質の改善や寝起きの悪さなどを改善する効果はありません。 副作用として長期の使用ではうつの傾向が高まったり耐性ができて依存の可能性が出てくるなどの恐れがありますが、効果は強いため医療機関で広く処方されています。

つまり睡眠薬は入眠の障害を薬学的に改善するのに対し、睡眠サプリは眠りの悩み全般を健康的に優しくサポートします。二つを比較した時のサプリメントのメリットは、自然な睡眠を実現できることです。依存や副作用などの心配をせず健康的な眠りを手に入れたい人におすすめなのがサプリメントなのです。

医療機関の診察が必要ない場合はサプリメントを試してみることをおすすめします。

睡眠サプリの選び方

現在数多くのサプリメントが販売されているため、初めて選ぶ方は迷ってしまうと思います。

始めてサプリメントを選ぶ時には以下の3つのポイントをチェックすると良いでしょう。

  1. 自分の眠りの悩みはなにか?
  2. 配合成分の種類と量
  3. 価格は手が届く範囲か?

1:自分の眠りの悩みはなにか?
人によって眠りの悩みは様々です。寝付きが悪い入眠時の悩み、深夜に目が覚める睡眠が浅い悩み、朝がとにかく辛い方もいれば日中にぼーっとしてしまう方もいるでしょう。
眠りの悩みのようにサプリメントもそれぞれ特色があるため、選ぶ時にはまずサプリメントの特徴が自分の悩みにマッチしているか?を基準に見ていくようにしましょう。

2:配合成分の種類と量
サプリメントごとに配合成分の組み合わせと量は異なります。配合成分の組み合わせでどんな悩みにマッチするかが決まるためしっかりチェックしましょう。
以下はサプリメントに含まれる代表的な成分とその働きをまとめたものです。

サプリメントの主要な成分とその働き
GABA、
テアニン
リラックス成分。興奮した神経を抑制し落ち着かせる効果がある。イライラやストレスが強い人に良い。
グリシン熟睡成分。眠りを深くし睡眠の質を高める働きがある。睡眠が浅く目が覚めてしまう人に。
トリプトファン睡眠と精神の安定に重要な成分。不安感を抑え精神を安定させる神経伝達物質セロトニンの材料となる。またセロトニンは睡眠をコントロールするホルモンのメラトニンになる。眠りの大黒柱。
(※成分単体の効果の説明です。サプリメントの効果効能ではありません。)

また同じ悩みをサポートするサプリメントは成分の組み合わせが類似している事が多いのですが、成分の量にはそれぞれ多いものや少ないものと差があります。同じタイプ同士であれば配合量の多いものを選びましょう。

3:価格は手が届く範囲か?
サプリメントは少しずつ体質を改善する漢方薬のように、ある程度の期間継続する必要があります。そのため数カ月程度は飲み続けられる価格のものを選びましょう。

おすすめの睡眠サプリランキング

ここからは実際に飲まれているサプリメントをおすすめ順にランキング形式で紹介します。

1位:グッドナイト27000

グッスリ度:★★★★★
配合成分:★★★★★
価格:★★★★☆
オススメ度:★★★★★

価格6,000円
一日あたり200円
一月分
形状錠剤
成分GABA、グリシン、テアニン、トリプトファンなど
備考定期購入で割引あり
6,000円→4,800円

こんな人におすすめ!

  • 夜グッスリとすぐ寝付きたい
  • 朝爽やかに目覚めて一日をスタートしたい
  • 日中も元気に過ごしたい

睡眠だけじゃない!疲労回復まで考えて作られた人気No.1睡眠サプリ!

「グッドナイト27000」はグリシンやテアニンなどの豊富な睡眠成分とビタミン群で入眠から疲労回復までバランス良くサポートしてくれるサプリメントです。

夜の入眠時にはすぐに眠れるように寝付きの悩みを、就寝中に起きずに眠り続けられるように眠りの深さの悩みを、そして朝目が覚めた時から爽やかに体の軽さが感じられるように朝の目覚めの悩みを、全てサポートしています。疲労回復成分で疲れが取れるので日中も元気よく過ごせます。

眠りに悩む人のために必要な疲労回復成分と快眠成分が豊富かつバランス良く含まれているおすすめのトータルサポートサプリです。

グッドナイト27000をさらに詳しく

2位:ネムリス

グッスリ度:★★★★☆
配合成分:★★★★☆
価格:★★★☆☆
オススメ度:★★★★☆

価格7,000円
一日あたり233円
一月分
形状錠剤
成分ラフマ葉エキス、グリシン、GABA、トリプトファンなど
備考初回購入で割引あり
7,000円→5,670円

こんな人におすすめ!

  • 眠りの質をしっかり高めたい
  • リラックスしてスムーズに寝つきたい
  • 天然由来の自然な睡眠を手に入れたい

全12種類もの快眠成分を凝縮配合した睡眠サプリ!

「ネムリス」は快眠成分をしっかり取りたい人にぴったりのサプリメントです。睡眠の質を向上させるように厳選された12種類もの天然由来成分がバランス良く配合されています。

必須アミノ酸のトリプトファン、アミノ酸のGABA・グリシン、休息に特に重要なビタミン類など12種類もの快眠成分が、グッスリとした夜の眠りへとスムーズに導いてくれます。疲労回復を促す成分も入っているので朝の目覚めもバッチリです。

筑波大学の睡眠時脳波検証においても「ネムリス」は深い休息が得られることが科学的に確認されました。眠りに効果的な成分をしっかり取りたい方にぴったりのサプリメントです。

ネムリスをさらに詳しく

3位:北の大地の夢しずく

グッスリ度:★★★☆☆
配合成分:★★★☆☆
価格:★★★★★
オススメ度:★★★☆☆

価格3,790円
一日あたり126円
一月分
形状スティック(粉末)
成分アスパラガス抽出物、GABA、クワンソウエキス、テアニンなど
備考定期購入で割引あり
3,790円→3,221円

こんな人におすすめ!

  • すぐに寝付けるようになりたい
  • 眠りが浅くて寝ても朝疲れが取れない
  • ストレスが多い

ストレスで眠れない方に!天然由来のリラックス成分で寝付きもグッスリ!

「北の大地の夢しずく」はさまざまな不眠の悩みに、その中でも特に寝付きの悩みを抱えている方にオススメのサプリメントです。アスパラガス由来のリラックス成分が神経をリラックスさせ、スムーズに眠りへとサポートしてくれます。

この「北の大地の夢しずく」の特徴は寝付きの悪さの一番の原因である神経の興奮をリラックスさせる事です。人は緊張で神経がリラックスモードへの切り替えがうまくいかないと夜寝付きが悪くなったり眠りが浅くなって朝疲れが取れずダルさを感じたりしますが、この「北の大地の夢しずく」は神経をリラックスさせて快眠へと導いてくれます。

寝付きの悪さや眠りの浅さが朝起きた時のダルさを生み出します。夜はすぐ眠りたい、朝はスッキリと目覚めたい。「北の大地の夢しずく」はそんな方におすすめのサプリメントです。

北の大地の夢しずくをさらに詳しく

どれにするか決まらなかったら

どのサプリを選べばいいか迷っている方には「グッドナイト27000」をおすすめします。

GABAやテアニン等の睡眠に嬉しい成分が豊富な点、疲労回復に嬉しい成分をしっかり含み朝のダルさから日中の疲れまでまんべんなくカバーしている点、リピーターが多い定番サプリである点などから、最もおすすめなサプリメントは「グッドナイト27000」です。

まだ試したことがない方は、多くの人に飲まれ続けている「グッドナイト27000」を一度試してみてはいかがでしょうか?

睡眠サプリのメリットとデメリット

初めてサプリメントを利用する場合、メリットとデメリットを理解しておくことが大切です。

眠りの悩みには一人ひとり個人差があるので、人によってはサプリメント以外の選択肢を検討した方が良い場合もあります。

サプリメントのメリットとデメリットは以下のとおりです。

メリット

  • 薬ではないので健康的
  • 依存症や副作用の心配がない
  • 朝のダルさや眠りの浅さ等の入眠以外の悩みにも対応
  • 体質改善・疲労回復などに嬉しい成分も入っている
  • ネットや店頭で手軽に購入できる

デメリット

  • 漢方のように少しずつ働くので時間がかかる
  • 睡眠薬に比べてコスト面で劣る
  • 劇的に改善する強い効果は薬のようにはでない
  • 医療機関での治療が必要な場合には向かない

サプリメントのメリットはなんといっても薬ではないため安心して使用できる点です。オーガニックな原料から作られた自然由来の睡眠成分を摂取する事ができるため、健康的に眠りの悩みと向き合うことが出来ます。睡眠薬と異なり、副作用や依存性物質の心配をすることなく安心して飲む事が出来る点が魅力です。

さらにサプリメントの場合は人体の疲労回復と健康維持に必要なビタミンB群・C・E等の不足しがちな栄養素も摂取する事ができます。人は基本的な栄養素が不足しバランスが崩れるとダルさや体調不良、気分の落ち込みなどの症状が表れます。睡眠だけでなく、心と身体の健康維持に必要な成分も摂取できる点がサプリメントを利用するメリットと言えるでしょう。

また睡眠の悩みの背後には体質の問題も隠れています。疲労が溜まりやすい、自律神経がすぐ乱れる、などの問題です。ものによっては体質改善に有効な成分や滋養強壮に効果的とされる成分も含んでいるため、そうした点もサプリメントを選ぶメリットと言えるでしょう。

ただしサプリメントには長所だけではなく短所もあります。例えば医療機関で処方差された薬を服用する場合に比べると時間とコストがかかる可能性があります。また、睡眠サプリはあくまで心身の休息を促す成分が多く入った食品なので、寝付きの劇的な改善や眠りを深くする効果がはっきりと医学的に保証されているわけではありません。

睡眠サプリ選びをする時には、メリットだけではなくこのような点も存在することを理解した上で利用する必要があります。

さらにサプリメントで得られる睡眠の質を高めるために

睡眠の質を改善する基本は生活習慣にあります。サプリメントは夜の眠りを充実させてくれる強い味方ですが、毎日の食習慣や寝る前の過ごし方、生活リズムなども同じくらい睡眠の質に影響します。

サプリメントから得られる快眠成分のパワーをより多く引きだすために、睡眠の質を高めるポイントと質を下げてしまうNGな生活習慣について抑えておきましょう。

睡眠の質を更に高めるために

睡眠の質を更に高めるために効果的な方法を紹介します。簡単にできるものばかりなので、生活に取り入れてみることをおすすめします。

軽めの柔軟体操

体と神経をリラックスさせると睡眠に入りやすくなります。体と心は神経を通じてつながっているからです。そのため筋肉が硬直していると自然と神経も高ぶってしまい興奮して入眠が妨げられてしまいます。

そこでぜひ取り入れていただきたいのが布団に入る前に軽く柔軟体操を行う事です。運動なんかすると逆に目が覚めてしまうのではないか?と心配になる方もいると思いますが、筋肉を弛緩させると神経の緊張もとれて副交感神経が優位=リラックスモードに入りやすくなります。

もちろんハードに柔軟体操をやると目は覚めてしまうのであくまで軽く行うにとどめてください。

目安として3分ほど、負荷のかからない程度の軽めのストレッチを行います。体の緊張がほぐれると同時に神経と心がリラックスしていくのが感じられて心地よく睡眠に入れるでしょう。

きちんとパジャマを着るようにする

皆さん寝るときの服はどうされているでしょうか?おそらく緩めのスウェットやジャージなどを着て眠る方が大部分だと思います。確かにそれらもくつろぎやすい服装で楽だと思いますが、より眠りやすい服装があります。

それはパジャマです。パジャマごときで何がかわるのか?と思うかも知れませんが、パジャマは実に眠りの事を細かいところまで考えて作られています。

例えば袖口や裾に注目してみるとどちらもゆるく開いているため手首足首を締め付けず人がリラックスしやすい作りになっています。腰の部分もゴムが緩くなっており体を締め付けて余分な緊張を生み出さないようにできています。襟首もあたりも同様です。

スウェットやジャージも眠りやすいと思いますが。これらや基本的に活動服で手首足首腰回りを締め付けてしまうため余分な刺激を与えてしまいます。

パジャマを着るとそれだけでワンランク上の眠りが手に入るので全ての方におすすめしたい生活習慣です。

枕の高さを合わせる

枕が適切な高さだと首に負担がかからないため入眠が早くなり睡眠中もより深く眠ることが出来ます。適切な高さに枕がなっているかどうかチェックしましょう。

枕の適切な高さは、横になった時に枕の上で顔がちょうど水平になる高さです。低すぎたり高すぎたりすると首に余計な負担がかかるため眠りが妨げられてしまいます。

家族がいる方は横から見てもらったり、いない方は何か目印のようなものを用意したり鏡をたてて横になってみたりすると良いでしょう。

中身を抜いて高さが調節できないタイプの枕の方は、服やタオルを積んで枕を作ってみてください。繰り返し調整していくと丁度いい高さがつかめるはずです。あなたの頭と首に合った枕は眠りの強い味方になってくれるでしょう。

睡眠の質を下げないためのチェックポイント

逆に眠りを浅くし妨げてしまう悪い生活習慣もあります。いきなり変えることは難しいと思うのでまずは妥協策から挑戦してみてください。

寝る前の飲み食い

就寝前の食事は内蔵への負担や消化に悪いだけではなく、交感神経を刺激し眠りを浅くしてしまいます。

例えば朝起きた直後にはぼーっとしていも、飲み物を飲んだり朝食を取ると意識がはっきりして目がすっきりと覚めてくるように、飲み物・食べ物は神経を刺激し意識を目覚めさせる引き金になるのです。

ただしおかゆなどのような咀嚼が必要がなく内蔵への刺激も少ない食べ物、あまり熱すぎない飲み物であれば神経をリラックスさせ睡眠を手助けしてくれます。

基本的には寝る前の飲み食いはNGだと考えてください。

テレビ・PC・スマホは暗く静かに

人によっては寝る前にテレビをみたりPCをいじったりするのが一番の楽しみなんだ!という方もいるかも知れません。布団の中でスマホをいじるのも楽しい過ごし方だと思います。ですが睡眠的にはこれらは完全にアウトな行動です。

理由はもちろん光や音などが脳への刺激となって神経が昂ぶり入眠モードに入ることが妨害されてしまうからです。できればやめた方がよい悪習慣の一つです。

かと言ってこれらを完全にやめるのも難しい事も事実です。そこで提案したいのは画面を暗くする事、音量を低くすることです。多少はマシになると言う程度ですが、目や耳から入る刺激を抑えればその分交感神経を刺激せずに済みます。

特にスマホを布団のなかでいじる眠りスマホは睡眠への影響大なので、設定で最大に暗くするこはもちろんのこと画面を暗くするアプリなども導入することをおすすめします。

お酒もタバコもNG

お酒もタバコもどちらもNGです。理由はご存知の通りアルコールやニコチンなどの睡眠を妨害する成分の影響で睡眠が浅くなるためです。どちらもやめるのが一番ですが、これも急にはなかなか難しいと思います。

夕食の最中〜直後が一番飲んだり吸ったりしたくなる時間帯だと思いますので、まずはできるだけ早めに夕食を取るなどして、飲酒・喫煙と睡眠との時間を空けるようにしてください。

飲酒習慣の中でも特に寝酒が習慣になっている人は酔っていない状態で眠ること自体が至難の業の様に感じる方もいると思いますが、寝酒が一番睡眠には良くありません。

やめるのが一番ですが無理そうな方はノンアルコール飲料を使って酒量を減らすなどからであれば始めやすいと思います。

最後に

サプリメントは夜の眠りの悩みを改善し、しっかり休みたい人の強い味方です。しかし日々の生活習慣や睡眠前の過ごし方も同じくらい大切です。

朝のダルさや日中の眠さや夜の入眠困難などの悩みの原因は生活の中に隠れている事が多いため、より充実した眠りのためには毎日の生活も改善する必要があります。

爽やかな朝と健やかな眠りを手に入れるためにはサプリメントだけではなく毎日の習慣・寝る前の過ごし方にも意識を向けて見てください。